福武教育文化振興財団

menu
ホーム > 福武教育文化賞

福武教育文化賞について

福武教育文化賞の目的は、岡山県の教育文化の向上に著しい貢献が期待される個人や団体を奨励するために賞を贈り、教育文化の振興による魅力的で豊かな人づくり地域づくりに貢献することです。

教育と文化の両面がお互いの特色を発揮することにより、より良い効果を生み出すことを願っています。

福武教育文化賞イメージ画像

※氏名表記 · 略歴 · 顔写真は受賞当時の情報です。

2021年度 受賞者決定

福武教育文化賞


軸原ヨウスケ | グラフィックデザイナー、COCHAE 代表・アートディレクター

軸原ヨウスケ

近年忘れられかけている伝統文化に光を当てて、民藝や郷土玩具などの周辺を発掘・再発見し、新たな価値を吹き込み再び世の中へ発信する活動は、エリアを超え県内外からも高く評価されている。独特な個性をいかしたグラフィック折り紙などの創作は、伝統文化の新しい視点での継承や復刻にもつながり、次世代を担う一人として注目されている。また、『岡山発見かるた』のデザイン等を通して岡山の魅力を発信する活動は、岡山県の地域振興にも大きく貢献しており、今後の更なる活躍が期待される。

竹内佑宜 | 郷土史家、公益社団法人 津山市観光協会 顧問

竹内佑宜

郷土史家として地域づくりの中核的な存在であり、積極的に活動を展開している。作品や記録資料を調査・収集し、執筆および出版活動を続けるとともに、当時の人々の志や生き方を読み解き、年譜式の資料集やエッセイなど、さまざまなスタイルで情報を発信している。個人的な研究のみにとどまらず、津山郷土博物館などとの情報交換、更には調査を終えた作品群の一括寄贈など、研究機関での継続的な活用を視野に進めており、時勢を見抜いた実行力で、岡山県の郷土研究と地域振興に大きく貢献している。

福田廉之介 | ヴァイオリニスト、一般社団法人 The MOST 理事長

福田廉之介

新進ヴァイオリニストとしての活躍にとどまらず、日本の若き才能豊かな音楽家たちで結成された室内オーケストラを主宰するなど、独自の活動を展開している。自身が辿った音楽人生から新たな若い音楽家の芽を育てることを目指し、岡山から全国、更に世界へと次の世代の音楽家を送り出すなど、まさに岡山の文化の発展・成長への欠かせないキーパーソンとして、その活躍はめざましいものがあり、岡山県の文化振興に大きく貢献している。

NPO法人灯心会 スカイハート灯 | 理事長 藤原恒雄

NPO法人灯心会 スカイハート灯

長きにわたり、芸術と福祉の連携を実践され、継続的に展覧会を開催するなど、障がい者の方が働きながら文化芸術を楽しめる活動を展開している。信念を変えることなく、個人の特徴や特性を理解し、暮らしやすい環境づくりと、誰もが活躍できる場の実現に取り組む活動は、世界の流れにも合致し高く評価される。またアートによる社会的自立、精神的自立を目指し頑張る姿やそれらの作品を鑑賞することで、次代を担う子どもたちの教育的成長にも大きな影響を与えている。

たまのスチューデントガイドプログラムチーム | 代表 妹尾均

たまのスチューデントガイドプログラムチーム

小中高生が瀬戸内の魅力を学びながら、社会に向けて発信していく活動を行うことで、国際理解・地域創生への関心、主体性や英語力、コミュニケーション力の向上につながっている。メンバーが入れ替わる中、継続的に活動を行いながら、設立から延べ600名を超える児童生徒等がプログラムに参加しており、その実践力と教育的効果が高く評価されている。今後の社会教育モデルとしての広がりと、岡山県の地域振興への貢献が期待される。

2020年度 受賞者

福武教育文化賞


川嶋絢 | ピアニスト・「宙(SORA)への奏で」

川嶋絢

障がいを抱えながらも、幼少期からピアノへの強い想いを抱き、日々努力を重ねながら地道な演奏活動を続けている。身体的なハンディキャップを自ら創意工夫して克服し「聴く人の心に残るようなピアノを弾けるように頑張っていきたい」という前向きな姿勢は、同じダウン症の子どもやその保護者に、障がいにとらわれない生き方の多様性を提案している。大好きなピアノを弾き続け、積み重ねてきた実績は、地域における子育て支援や障がい者への理解を広げることにもつながり、岡山県の音楽による地域振興に大きく貢献している。

柴田れいこ | 写真家

柴田れいこ

一貫して女性をテーマとして撮り続けた作品は、地域や社会的問題に焦点が当てられており、そのさりげない表現の中には、それぞれの女性の生き方に対する温かな思いとやさしい視点があふれている。県内外で開催される写真展やトークイベントは、地域について再考する新しい指標となっており、鑑賞者へこれからの生き方を考えるきっかけを与えている。世代を担う表現者の一人であり、その表現活動は幅広い世代への力強いエールとして高く評価され、教育的な効果も期待される。

備中志事人 | 藤井剛

備中志事人

中高生たちの地域づくりに関わる人材育成や地域における学びの場の創出活動を精力的に行っており、岡山県内で同様の活動を展開するグループを巻き込みながら、県全体のネットワーク組織の母体としての役割を果たしている。高校教育などで、「地域学」的な実践型教育が急速に求められるようになっている中で、このネットワークを短期間で広げ深めた実践力は高く評価されており、岡山県の地域振興に大きく貢献している。今後、全国への広がりと、更なる継続的な活動が期待される。

2019年度 受賞者

福武教育文化賞


浅野泰昌 | くらしき作陽大学 子ども教育学部 講師

浅野泰昌

乳児向け舞台芸術「ベイビーシアター」研究の国内第一人者であり、学生劇団との協働によってベイビーシアターなどを制作・上演し、乳幼児の情操教育に多大な影響を与えている。また、文化芸術と教育を結び付けた効果的な学生養成、人形劇の上演による地域に密着した地道で継続的な子育て支援は、優れた教育文化活動であり岡山県の地域振興に大きく貢献している。

菅原直樹 | 俳優、介護福祉士、「老いと演劇」 OiBokkeShi 主宰

菅原直樹

高齢化社会の課題解決のため、「介護の現場に演劇的手法を用いる」という介護者が認知症の理解を進め深めることを目的とした活動は、先駆的な取り組みであり、画期的なアイデアである。演劇、介護のジャンルを超えた活動は、それらに携わる人々の意識を変える大きなきっかけとなり、今後も地域振興の向上に更なる貢献が期待される。
撮影:草加和輝

山地真美 | 情景描写ピアニスト・Beneroot ミュージックアート事業部責任者

山地真美

ドローンによる空撮と即興演奏で日本各地の情景を残していくという、新しい芸術表現のジャンルを開拓した功績は大きく、ピアニスト個人の表現活動から大きく踏み出し、地域に根差した活動の輪が広がり続けている。県内にとどまらず、全国、世界への「発信力」「活動の広がり」は地域の未来づくりにとって重要な取り組みであり、今後更なる活躍が期待される。